生命保険は健康診断の前に入っておいたほうが良いと思う理由

健康診断の後では遅い!生命保険の健康状態の申告に関する注意点

生命保険に関する仕事をしていたことがありました。

その中で、結構ややこしいというか、落とし穴が多いのが、多くの方が年に一度行なう健康診断。

健康診断の結果で、要再検査や、要治療といった項目があれば、ほぼ間違いなく生命保険の告知(保険に入る時に自分の健康状態を正直に申告すること)でひっかかります。

そして、よくあるのが「今年の健康診断受けたけど、なんだかあんまり良い結果が期待できなさそうだから、今のうちに生命保険に入っておこうかなあ」という場合。

基本的には、健康診断を受ける前に保険に入る場合は、もちろんその健康状態の結果がどうであろうと影響はありません。だって受ける前に、結果がどうなるかなんてわかるわけないですもんね。

ややこしいのが、健康診断を受けてから結果が出るまでの間に保険に入ろうとするケース。

最終的には保険会社それぞれで判断が異なるので、断定的なことは言えませんが、「結果がまだ出ていなくて分からないんだから、健康診断の結果は保険の加入に影響しない」と考える保険会社と

「既に受けている健診なのだから、その結果がまだ出ていないとはいえ、その健診結果で何かあれば、保険に入る時には既に健康状態に問題があったということになるから、保険の加入に影響する」

と考える保険会社と、大きく分けて2つありました。

とある人が、健康診断を受けてから結果が出るまでの間に生命保険に申し込んで、後日その健康診断でとある項目で再検査をするようにという通知が来たため、いったん加入手続きが止まった、というケースがありました。

その方は結局再検査を受けて、何も健康状態に問題がないという病院のお墨付きをもらったので最終的には保険に加入できましたがこの再検査の結果で、「あまり数値が良くないのでしばらく様子を見ましょう」なんて言われていたら、おそらく生命保険に正式に加入できる時期は先延ばしになっていたと思います。

単に入るのが遅くなるだけでも、万が一のことがあった時に問題ですし、後日なんとか保険に入れても、多くの保険は誕生日が過ぎて年齢が上がると掛け金も上がる仕組みになっているので損をしてしまう可能性があったり、別の大きな病気が発覚して一生保険に入れなくなってしまう・・・なんて恐ろしいことも起きていたかもしれません。

ですので、生命保険の加入を考えている人は健康診断を受ける前に是非とも加入手続きを済ませるように早めに準備をしましょう。

入っていて良かった保険は?加入している保険についての体験談

保険での出費はきついけど、やっぱり入っておいてよかったと実感!

現在、加入している保険は、年金保険と医療保険と学資保険と死亡保険と障害保険と外貨建て貯金保険と火災保険と自動車保険の合計8種類の保険に加入しています。

年間に保険に支払いが70万円から80万円になり結構な出費をしています。

支払い方法は、月々払いより少しお得な全て年払いで支払いしていますので、春頃になると集中して引き落としされてしまいますので、毎月少しずつ年払いの引き落とし月まで貯蓄しています。

年金保険については、将来の年金に不安を感じ少しでも貰える様に始めました。

振込みは60歳までで完了し翌年から一括か分割で請求できます。

医療保険に関しては、大きい病気で入院した際に治療費を補填して貰うものと入院日数によっての日額給付金及び少しながらの死亡保障も特約でつけました。

この医療保険は終身ですのでずっと払い続けなければいけないのですが、死亡特約を付けていますので死亡した歳には掛け金が大体戻って来る様になっています。

もし夫がいざ不慮の事故などで亡くなった時に生活できなくなるので死亡保険を別に60歳までの補償で加入しています。

死亡保険は、掛け捨てで年間非常に割高で高額な保険は加入できませんが、医療保険に特約で付けたり外貨建て貯金保険で一括振込みをしたりして我が家で出来る最大限の工夫はしています。

外貨建て貯金保険は、一度支払ったら寝かしているという感じで後は利息だけ付いていきます。

元本割れすることは殆どありません。

障害保険は、子供が怪我や自転車事故など起こったときの保険で捻挫などの少しの通院でもしっかり保険金が通院日数に応じて支払われます。

これは、1年更新ですので掛け金も格安ですので辞めたくなったらいつでも辞められます。

学資保険については、子供が将来大学受験の為の10年間振込み完了で12歳と15歳に祝い金を貰い18歳時に掛け金+利子が受け取れる仕組みになっています。

自分自身で貯蓄は中々難しいものがありますので、受験費用や入学金の突然の出費を軽減させる為に加入しました。

火災保険については、家を購入する際に銀行支払いで銀行側が保険(補償)の為に加入していますので負担は無いです。

最後に、自動車保険が年払いで2台加入していますが、車両保険も付随していますので毎年馬鹿にならない額になってます。

新車で購入した一年目に車両保険の加入をしなかったせいで破損した箇所を実費で支払わなくてはならなくなりその経験で今後は、車両保険も加入しようと思いました。

毎年の保険の出費は、高額ですが毎年少しながら控除も受けれますし長い眼で見たらお得かもと思っています。

少ないリスクで資金運用!定額個人年金保険のメリット、デメリットとは

定額個人年金保険で金利を得る!資産運用目的で加入した保険

貯蓄目的で定額個人年金保険に加入しました。

国民年金や厚生年金などの公的年金とは別に、自ら任意で掛け金を払い将来年金として給付を受けるという、保険会社のサービスです。

保険会社で扱っている保険商品ではありますが、ケガや病気により入院した場合でも、医療費用を補償する保険金がもらえるわけではありません。

単にお金を預け、長い期間をかけて保険会社に運用してもらい、その後で銀行より少しは有利な金利を得ようとする目的で加入したのです。

一般に、利息を得るためにお金を預ける先といえば、銀行でしょう。

しかし現在では、日銀のマイナス金利政策の影響を受けて、大手銀行の定期預金にお金を預けても0.01%(年利、税引き前)しか利息が付きません。

地方銀行やネット銀行では多少の上乗せがある銀行もありますが、大きくは変わりません。

ところが私が加入した日本生命の定額個人年金保険では、0.9%(年利、税引き前)の金利が付きます。

銀行は、あまり高額な金利をつけてしまうと経営が成り立たなくなる業界のようですが、その銀行の相場とは違って、金利が高いことが魅力でした。

また、運用リスクが小さいことも魅力です。

投資をして多額のリターンを得たいのであれば、株式や債券に投資するほうが多くのリターンを期待できます。

しかしリスクも大きく、株式にお金をつぎ込んだからと言って収益がプラスとなる保証がなく、元本割れするリスクも大きいのです。

これでは多額の資金を安心して預けられません。

定額個人年金保険であれば、株式投資ほどの大きな収益は期待できないものの、保険会社によって堅実な運用がなされますので、安心して長期に渡ってお金を預けておくことができます。

ただ、デメリットもありました。代表的なデメリットは次の2点でしょう。

デメリット1点目は、契約後5年以内に解約すると高い税金が差し引かれることです。

個人年金保険を契約後5年以内に解約してしまうと、金融類似商品を短期で譲渡したと見なされる決まりがあります。

そのため、例えば株式を売った場合と同じく、利益の2割以上が所得税として課税されるわけです。

もっとも、私は長期に渡り契約を続けるつもりでいましたので、5年以内の解約は考えていません。

これは問題とならないと思っています。

2点目のデメリットは、契約費用が高額であることです。

銀行預金よりはるかに高い金利は付きますが、契約直後に契約費用が差し引かれます。

つまり、契約後3~4年以内に解約すると、元本割れをしてしまう恐れがあるのです。

銀行の定期預金は途中解約しても、金利は不利になることがあっても元本割れすることはありません。

それに比べればリスクがあります。

私は数年以内に解約しないつもりでしたので、トータルで考えれば有利とくらいに思っていましたが、案外契約費用がばかにならなかったかもしれません。

定額個人年金保険に加入する前にもう少し投資に関する知識があれば、リスクを抑えた投資である投資信託を選んだかもしれません。

即ち、保険会社任せではなく、自ら運用先を指定してする投資信託も選択肢として考えるべきだったかもしれない、と思っています。