保険商品のプロとして働き始めてからの変化!保険外交員の心構えとは?

派遣社員から保険外交員に転職!保険商品のプロとして働いています

私は10年以上前ですが保険外交員として約二年勤務していました。

それまで生命保険は親が掛けてくれており、私は関心もなかったので気にしたこともありませんでした。

友人が保険外交員の仕事をしていてしつこい程、保険の加入を勧めてくるので嫌悪感を感じ距離を置いていました。

当時の私は派遣社員である日、私の派遣先に彼女が来たんです。

そして一言「もうすぐ30才になるのに派遣社員のままでいいの?」と言ったんです。

その事がきっかけで正社員になる事が出来る保険外交員になる事にしたんです。

一か月間、スクールに通って保険などについての勉強をするんです。

その後、受験して合格すれば保険商品を扱えるようになります。

ちなみに、損害保険も受験しないと扱えません。

定期保険、養老保険、年金保険、終身保険、こども保険、学資保険など生命保険には種類が多くて理解できるようになると自分が加入している生命保険が気になり母に証券を見せてもらいました。

保障が古いタイプで、解約返戻金が多くもらえることが分かったので母親に解約するように勧めました。

もちろん、返戻金は母親のものにしてもらい私は自分で保険を選ぶことにしたんです。

掛け捨て保険より貯蓄も兼ねた保険商品にして、毎月決まった額を積立られるようにしました。

もちろん保障は手厚く、医療、がん、女性疾病特約、通院特約、介護保険、死亡保険、定期とフル装備している保険に加入しました。

自分で作った保険に加入したので、担当者も私という事になっていました。

生命保険会社では、社員への割り引もあったので少し多く積み立てが出来そうでした。

積み立て部分の保証は、将来終身保険にあてるか、年金タイプとして受け取るか、保険料としての支払いに充てるなど様々な選択が出来る仕組みだったんです。

画期的な商品という事もあって、人気でした。

私は、外交員として保険商品を説明する時に保険は難しいという思いを払拭したくてお絵かき帳を持ち歩いていました。

パンフレットなどの説明で「難しい」と言われたら、すぐにお絵かき帳を出してその保険を形にして説明したんです。

もちろん、お客様には手書きの物は渡せないので書いたものは持ち帰って来ました。

分かりやすいと評判で、喜んで頂けたのは嬉しかったです。

自分の入っている保険を見て欲しいと他社の商品を見せられることも多かったです。

相談にのる事で何か印象に残ってもらえればいいなというのが本音でした。

保険商品は損害保険でも生命保険でも難しいことが多いので親切な保険に詳しい人がいてくれると安心します。

保険外交員にしつこくされて困っている人もたくさんいると思います。

そんな時は「持病があって入れません」か「家族が保険屋です」「家が代理店です」と言えば手っ取り早く断れるのでお勧めします。

ディスカッションに参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です